イマージュ・劇団態変
出版物案内
 新着情報 |  劇団紹介 |  公演案内 |  公演資料庫 |  態変製作日誌 |  金満里の庭 |  メタモルホール 


情報誌イマージュ

|  » 刊行コンセプト   |   » バックナンバー   |   » 購読申し込み  |   » 購読料送金にPayPalご利用可能に |

最新刊 vol.69  2017年秋号

クロスオーバー談義●永山愛樹×金滿里

土着と浮遊の悪所〜ぼくらがもっともっと生きるための

 「橋の下世界音楽祭」は、毎年5月に豊田大橋の袂に突如出限する夢の国。ホームページには、「至って平和的、かつ精神的にも健全、もしくは健全さとやる気を取り戻す為の、全国的にも稀に見る社会の船底に住む穴空き者達の作る、優良、かつ自発的に自治された健全で安全な悪所(あくしょ)」とある。
 国内外からパンク、ブルース、民族音楽などの垣根を超えた実力バンドが多数出演。しかし入場無料の投げ銭制。河川敷で刈った800本の竹と街中から集めてきた廃材でボランティアの大工・職人さんが新しい「街」を一つ創ってしまう。会場で使われる電力はすべて会場に仮設の太陽光発電でまかなわれるが、不足のおりはアコースティックに切り替えればいいじゃないかという腹ぐくり。
 6回目となる2017年は、劇団態変も『幻視の郷(げんしのごう)』で初出演。二日目の逢魔が刻の舞台で「浮遊性と土着性の葛藤」を表現したのだが、この破天荒な野外祭典への身障者劇団招聘を1年足らずの準備でやってのけたエネルギーに重ねて脱帽。
 今回登場の永山愛樹は、その中心人物である。

特集●Let's get together and feel all right!
   集まろう、OKだと感じ合おう!

いろんなやつがいて、いろんなことをやっていて、
みんなそれぞれに素敵だよ。
今の情勢、いけてないことが多すぎて、辛かったり、消沈したり、腹立ったりするけど、
みんな集まって、みんなOKだ! と認め合える、そんな場を創っていきたいな。
そういう想いを込めて、この特集を組んでみた。
表題は、ボブ・マーリーの「One Love」からもらったゼ。


クロスオーバー談義●永山愛樹×金滿里
土着と浮遊の悪所 〜ぼくらがもっともっと生きるための

特集●Let's get together and feel all right!
 橋の下 森羅万象 ……井上佐和子
 多様性をもとめて 〜ヘイトスピーチデモのカウンターから生まれた祝祭〜 ……C.H.A.R.
 二都物語 踊る体に幸あれ ……金相佑
 韓国全土に広がるLGBTムーブメントのうねり 〜クィア・パレードの現場から〜 ……植田祐介


相模原障碍者大虐殺事件に対するイマージュ声明
ピンクトライアングル vol.3 ……大黒党ミロ
[福森慶之助の詩] 磨く
[イラスト&エッセイ] 伊祖から届く風16 ……メラミキコ
[酒と食いもんのエッセイ] 四天王寺骨董市の甘酒 ……橋本真菜
[さなぎダンス企画#11] さなぎダンスのつくり方 ……上念省三

[劇評・金滿里「寿ぎの宇宙」]
 『寿ぎの宇宙』が切り開くもの ……貫成人
  人としての誇り ……残間里江子
金滿里のページ  寿ぐ、ということ 〜寿ぎの宇宙 東京公演を終え〜



上演作品DVD

上演作品DVD販売のご案内は »こちらへ

その他の出版物

劇団態変30周年記念パンフレット
3月公演「Over the Rainbow-虹の彼方に-」の公演中に販売した劇団態変30周年記念パンフレットについて、公演終了後も、お問合せを多数頂きましたので、通信販売が決定しました!

【パンフレット内容】  など一挙掲載
お申し込み方法は »こちら

出版物
●写真集「態変」
●パンフレット「喰う」
●パンフレット The Legend of Maha-laba Village
●資料集「異文化交差のディバイジング」
●資料集「ケニア・ポレポレ芝居の旅」
●CD「霊舞-地中花」
●「情報誌IMAJU 柳井愛一 遺稿集」
金満里 著作物/収録本
●「生きることのはじまり」(筑摩書房)
●「身体をめぐるレッスン1  夢見る身体」(岩波書店)
関連作品
●CD「壺から溢れ出すもの」(Dharma Budaya)