イマージュ・態変
出版物案内
 新着情報 |  態変とは |  公演案内 |  公演資料庫 |  態変製作日誌 |  金満里の庭 |  メタモルホール 


情報誌イマージュ

|  » 刊行コンセプト   |   » バックナンバー   |   » 購読申し込み  |   » 購読料送金にPayPalご利用可能に |

「イマージュ」86号に誤記が見つかりました。
お詫びと訂正をさせていただきます。

 詳細は » こちら

最新号 vol.87 2023年冬号

態変40周年記念公演『私たちはアフリカからやってきた』特集

クロスオーバー談義●斎藤幸平×金滿里

人類はどこへいくのだろう?

今号では、態変40周年記念公演『私たちはアフリカからやってきた』(2023年10月27・28・29日 大阪・ABC ホール)を大きく取り扱わせていただくこととして、そのアフタートーク3本の全てを掲載し、劇評を4本もお寄せいただきました。
この作品は2部構成で、アフリカで生まれた人類が世界へ向けて旅立った グレートジャーニーと、人間疎外と地球環境破壊の元凶・資本主義の原点 であるアフリカからの奴隷貿易と、この2つの「やってきた」を扱いました。
巻頭対談は、マルクスに学び惑星規模の破局の危機がどんなメカニズムで引き起こされ るのかを探求しておられる斎藤幸平さんをお迎えしての深いトークでした。
他に、全く異なる角度からのトーク、そして色々な立ち位置から書いていただいた劇評により、態変のおこなった一つの公演を渦の中心として、これも一種の異文化クロスが創り出せたと申したら自画自賛が過ぎるでしょうか。


クロスオーバー談義●斎藤幸平×金滿里
   人類はどこへいくのだろう?
クロスオーバー談義●テンギョー・クラ×金滿里
   ヴァガボンドと記号論を剥ぐ身体と
クロスオーバー談義●龍崎飛鳥×金滿里
   縛られてわかる人間の自由

[劇評] 態変『私たちはアフリカからやってきた』
 大陸の鼓動が問いかける ………………………………………… 畑律江
 私たちはどこかへ向かえるのか
  「 私たちはアフリカからやってきた」評 ………………… 上念省三
 私たちはアフリカからどこへ行くのか ………………………… 永田靖
 突き付けられた問い
    ―『私たちはアフリカからやってきた』を観て ………… 竹村景子

[連載]
 ことばとからだ(8) 益虫ぶるという暴力 …………………… 西成彦
 [大野慶人の言葉 第9回] 舞踏家・大野慶人とともに(1) … 大野圭子
 [イラスト&エッセイ] 伊祖から届く風34 ………………… メラミキコ
 ピンクトライアングルvol.17… ……………………………… 大黒党ミロ

相模原障碍者大虐殺事件に対するイマージュ声明
混ぜるとヤバい『万物の黎明』×『マルクス解体』…………… 仙城真
[金滿里のページ] 夫婦水入らずは命懸け 韓国の旅




上演作品DVD

上演作品DVD販売のご案内は »こちらへ

その他の出版物

劇団態変30周年記念パンフレット
3月公演「Over the Rainbow-虹の彼方に-」の公演中に販売した劇団態変30周年記念パンフレットについて、公演終了後も、お問合せを多数頂きましたので、通信販売が決定しました!

【パンフレット内容】  など一挙掲載
お申し込み方法は »こちら

出版物
●写真集「態変」
●パンフレット「喰う」
●パンフレット The Legend of Maha-laba Village
●資料集「異文化交差のディバイジング」
●資料集「ケニア・ポレポレ芝居の旅」
●CD「霊舞-地中花」
●「情報誌IMAJU 柳井愛一 遺稿集」
金満里 著作物/収録本
●「生きることのはじまり」(筑摩書房)
●「身体をめぐるレッスン1  夢見る身体」(岩波書店)
関連作品
●CD「壺から溢れ出すもの」(Dharma Budaya)